News

空き家や相続に関する最新情報と
思いついた有効活用法を、お届けします。

空き家を、お持ちの方で「空き家を売っても税金を差し引いたら、ほとんど、お金が残らない。」という、お悩みをお持ちの方も多いと思います。こうした方への支援として、国が新たに長期(5年以上保有の)譲渡所得税に対する特例措置を施行しました。

 

この特例措置では、空き家を売却すると長期譲渡所得から100万円が控除されます。長期譲渡所得には、前述のとおり所得税や住民税が20%ほど課税されるため、売主は最大20万円、売却時の税金負担を軽減することが可能となります。計算方法は以下のとおり。

従来の課税額:
課税額=譲渡所得×(所得税15%+住民税5%)

特例措置適用後の課税額:
課税額=(譲渡所得-100万円)×(所得税15%+住民税5%)

 

但し、お持ちの空き家の土地の広さ等に拠り、売らずに賃貸した方が得なケースも有ると思いますので、まずは近所の不動産屋さんに、相談してみては如何でしょうか?もちろん、この制度のことも知っている筈です。

2020.09.10

空き家の活用法

最初に「住居倍増論」を執筆した時は、

「ボランティアを雇って空き家(戸建て)を「住居専用地域内の高齢者専用マック」として運営すべし?」と書きましたが。

自身も色々、経験してみて、そんな面倒なことをせず、「地域の時間貸しLDK」として運営するのが最も効率的だと考えるに至りました。

今、ネットの「時間貸しスペース予約」サイトが充実していますので、これ等を利用して「地域のママ会」や「自習室」、「美容(その他、学習)サロン」等として提供すれば、家賃=¥0で在るなら小遣い稼ぎには成ると思います。

特に都心の「貸会議室」が既に飽和状態に成りつつ有るので、むしろ郊外の一軒家を相続する予定の方は、検討の余地ありだと思います。

2020.10.15

Access

空き家問題を深く捉え解決までサポートします。まずはお気軽に、お問合せ下さい。

概要

会社名 ARCE
住所 東京都東大和市桜が丘2丁目143−11 708
電話番号 090-2641-5307
営業時間 9:00~18:00

※ 営業時間外でも対応可能です。
最寄り 東大和市駅より徒歩10分

アクセス

空き家問題や中古物件の購入時に生まれるお悩みなど、不動産に関するお悩みであれば幅広く対応しております。多摩地域のみならず、23区内や埼玉西部、神奈川西部でもサービスを提供しております。もちろん、これら地域以外や、ご利用いただいた事が無い新規のお客様も安心してお問い合わせください(初回ご相談は全て無料です)。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事